事件

狭山市広瀬台発砲事件「容疑者は拳銃持ったまま逃走中」

事件

1月6日埼玉県狭山市広瀬台で男性が拳銃が撃たれて病院に搬送されました。病院の運ばれた男性は重症です。犯人は拳銃を持ったまま逃走中で警察が行方を追っています。詳しい情報はまだありませんのでわかり次第追記していきます。

埼玉県狭山市広瀬台1丁目発砲事件概要

6日午後7時15分ごろ、埼玉県狭山市広瀬台1丁目のマンションの住民から、「夫が拳銃で撃たれた」と119番通報があった。埼玉西部消防組合によると、50代の男性が路上で血を流して倒れており、救急搬送された。上半身に大けがを負い、搬送時は意識がはっきりしない様子だったという。捜査関係者によると、男性は指定暴力団絆会の幹部組員との情報があるという。県警が発砲事件とみて男性の身元などを調べている。 県警によると、事件発生当時、付近の住民から「発砲音がした」といった110番通報が複数寄せられた。

現場は圏央道狭山日高インターチェンジ(IC)から東に約1キロの住宅街。近くに武蔵野学院大学があるほか、500メートルほど離れた場所には小中学校や高校もある。

出典:Yahoo!ニュース

埼玉県狭山市広瀬台1丁目発砲事件

埼玉県狭山市広瀬台1丁目発砲事件

埼玉県狭山市広瀬台1丁目発砲事件

埼玉県狭山市広瀬台1丁目発砲事件

  • 1月6日、7時15分頃狭山市広瀬台1丁目のマンションの住民から、「夫が拳銃で撃たれた」と119番通報があった。
  • 50代の男性が路上で上半身に大けがを負い倒れていた。
  • 男性は救急搬送されたが、救急搬送時は意識がはっきりしない様
  • 犯人は逃走中で警察か行方を追っている。

埼玉県狭山市広瀬台1丁目発砲事件場所

被害者は指定暴力団幹部か

捜査関係者によると、男性は指定暴力団絆会の幹部組員との情報があります。警察は暴力団の抗争の可能性もあるとみて捜査しています。

【追記】

被害者の身元がわかりました。被害者は鈴木頼一(すずきよりかず)さん55歳です。搬送先の病院で7日未明亡くなられました。鈴木頼一さんは指定暴力団・絆会の幹部で警察は7日、捜査本部を設置し、暴力団の抗争の可能性も含めて調べています。

また不審な人物が現場から逃走するところが付近の防犯カメラに映っていました。黒色のフルフェースのヘルメットをつけて黒っぽいバイクに乗っていました。

埼玉県狭山市広瀬台1丁目発砲事件

埼玉県狭山市広瀬台1丁目発砲事件

埼玉県狭山市広瀬台1丁目発砲事件

Taaman Labo

コメント

タイトルとURLをコピーしました