ニュース

【画像】ドルーリー朱瑛里異次元の走り「スーパーヒロイン誕生」

ドルーリー朱瑛里異次元の走り「スーパーヒロイン誕生」ニュース

2023年1月15日に行われた、第41回全国都道府県対抗女子駅伝に新たなスーパーヒロインがあらわれます。3区の3キロで17人抜きの快走を見せ、9分2秒というこれまでの記録を8秒更新する区間新記録をだしました。

https://twitter.com/masa_tandf_you/status/1614494742372581377?s=20&t=5Efc-2W2K-B14tp8x24wmA
強豪ではない、小さな津山の中学校で頑張っている選手。学業もオール5と優秀で、田中希実選手に憧れている
実は通っている鶴山中学校の陸上部は、部員がドルーリー選手を含めて3人しかいません。SNSなどを参考に自分で練習メニューを考えることもあるということで本格的な駅伝の大会に出場するのも今回が初めてでした。
引用元:NHK

全国女子駅伝都道府県対抗駅伝 岡山県ドルーリー(中3) 38位から驚異の17人抜 3km9分02秒の区間新 異次元の走りに異次元の可愛さ笑 

全国高校女子駅伝 3区3.0km中学生9.02ドルーリー(岡山) 女子の中学生が3km9分02秒 下り基調とはいえ速すぎる。 全国高校駅伝 男子の2区は全く同じコースで、一番遅くて8分50秒ほど。 全国の男子高校生から10秒ほどしか離れないのは流石にやばい

年末から年始にかけて毎週日曜日いろんなスポーツ大会があり 今日は全国都道府県対抗女子駅伝があり 去年の夏の全中、国体で活躍して密かに楽しみにしていた ドルーリーさんが期待通りの走りを見せてくれました。他の選手と比べたら大人と子どもぐらい差があり将来オリンピックで金とれそう

中学陸上女子1500mドルーリー選手速すぎ!

「大きな駅伝大会はこれが初めて」というドルーリー。1kmは「自分の感覚を信じて走った」と、自分の時計で2分53秒というハイペースで突っ込んだ。「前に人がいて走りやすかった」と、次から次とごぼう抜き。 1kmから2kmで「少しペースが落ちたところが…」と自身の走りに満点はつけなかったが、17人抜きという圧巻の走り。「8分台も視野にありました」という言葉にも驚かされる。 小学校の時に「走るのが好きだった」と陸上クラブに通い、短距離に取り組んだ。小4の3月の大会で中距離の可能性を感じ、小5から本格的に中長距離にシフト。現在は練習メニューも「感覚と状態を見て」自ら考えているという。今大会に向けて「しっかり調子を上げてこられていた」と万全の状態でスタートラインに立った。 昨年は全中1500mを制し、U16大会でも1000m優勝。「全部好き」と種目に特定のこだわりはない。田中希実(豊田自動織機)にあこがれる中学生。「来年はまずインターハイに出場したいです。持ち味はスピードなので、伸ばしていけば800mも1500mもタイムが上げられると思います」と、次のステージを見据えていた。

出典:Yahoo!ニュース

 

Taaman Labo

コメント

タイトルとURLをコピーしました