マラソンの始め方

還暦前のラン友を探そう、一緒に走るとがんばれる

還暦前のラン友を探そうマラソンの始め方

ひとりで地味にランニングを続けるのは、時々心が折れそうになります。そういう時、一緒に走ってくれるランニング友達、ラン友がいるとまたモチベーションが上がります。近くにランニングクラブがないか、また身近で走っている人がいないか探してみましょう。

走っていることを公表してみる

走り始めたばかりの頃は、まわりの人に実はマラソン始めましたなどとはなかなか言いにくいものです。私も最初はできるだけまわりのひとに知られたくないと思っていました。まだ歩くスピードと大差はないくらいでしか走れないのにマラソンやってますとは言えません。

最初は外を走るのも恥ずかしく、平日はジムのトレッドミルで、外を走るときは休みの日に早起きして、できるだけ人に会わないように走っていました。しかし、近場のマラソン大会に出たり、ランニングクラブでみんなと一緒に走っていたりすると、まわりに自然と走っているらしいと知られてきました。

走っていることを公表してしまえば、自分も走っていますという人たちが、まわりにちらほら出てくるので、一緒に走ってくれそうな人がいたら一度声をかけてみるといいラン友になれるかもしれません。私の場合は、ランニングクラブで知り合った方と時々一緒に走ってます。

また、スポーツ店が主催しているランニング教室や地元のランニングクラブを探してみると、初心者歓迎の練習会もありますので、参加してみるといいですね。

ラン友と一緒に走ろう

いつもひとりで走っていると、つい途中でもうやめて帰ろうと思ったり、すぐに歩いてしまったりします。そういう時、誰かと一緒だと、他の人も頑張ってるから、自分もという気持ちになり、ちょっとだけ頑張れます。そのちょっと頑張るが大事なのです。ちょっと頑張るの積み重ねで走力が上がっていくと私は感じています。

ラン友と一緒に走るとき、テーマを決めておくのも楽しいですよ。美味しいパンを食べに行くとか、走り終わった後、お風呂に入ってビールを飲んで帰るとか、楽しむこと、無理をしないことが続ける秘訣です。

 

 

 

 

 

 

還暦前でもできるマラソン・マラニックの始め方

コメント

タイトルとURLをコピーしました